漢方の服用の選択をしてとても納得!!

6cc8d685c2ff7a3f5a41479636322bd7_s

「漢方薬は体によさそうだけど、効能が
わかりやすい普通の薬のほうがいいのでは?」

漢方薬がそこに置いてあったとしても、ほとんどの人が
「頭痛・生理痛に」「せき・のど・たんに」などと
書かれている普通のお薬を選びがちだと思います。

まずは漢方薬が市販のお薬と比べて
何がいいのか?ということから始めます。

漢方薬は通常の薬と違って
ずばり「副作用が少ない」のです。

元々、自然の中にある生薬ですので、人工的に
作り出した普通のお薬とは違い副作用が少なく
安心して飲める点が一番の違いです。

人間が持ち合わせている自然治癒力を
高める効果が漢方薬にはあるのです。

1.漢方薬を選ぶ理由が重要!?

c4b5f6c1197b56bc767823f4913023ce_s

「漢方薬というのは自然治癒力
を高める」とお話しました。

漢方薬の考え方は、通常の
お薬とは全く違うものなのです。

漢方の場合、体全体の調子を見ます。

体全体の症状というのは少なからず
リンクしていたりしますよね。

体が冷えるから肩こりが酷い、イライラする
から頭が痛くて眠れない、
などひとつの要因じゃないことが多いのです。

漢方は細かい分類があると同時に同じ漢方が別々の
症状を緩和するという特徴も持ち合わせています。

あなたの様々なつらい症状がひとつの
漢方で解決することもあります。

だるい、という漠然としたつらさにも
漢方は味方になってくれます。

2.悩みの症状が変わる!?漢方薬におまかせ!!

3afd75db9c8c9f0f1e53adcabd483071_s

漢方薬はそれぞれの体の調子に
合った細かい振り分けがあります。

同じ冷え性でも原因によって
漢方薬の種類は異なってくるのです。

また漢方薬を選ぶときに皆さんが躊躇してしまう
理由のひとつとして、名前が覚えにくいという
面があると思います。

インターネットで検索が出来る環境にある方は
インターネットで調べれば「つらい症状」と
「どの漢方がいい」を繋げてくれるサイトがありますので、
漢方の名前をメモしてお店へ行くといいと思います。

それ以外には、やはり薬局の薬剤師さんに
「つらい症状」と「漢方を希望している」という
ことを伝え、それぞれの症状にあったものを
選んでもらうといいと思います。

別々の症状だけどひとつの漢方で済む場合もあれば、同じ
症状に効く漢方が何種類かある場合もありますので、
その辺りはよく調べたり薬剤師さんに相談して
自分に一番合うものを探すといいと思います。

必ずあなたのつらさに一番しっくりくる
漢方薬が見つかるはずです。

3.漢方薬はダメだと決めつけないで!!

463641

漢方薬が効くものは、ごく普通の
風邪や熱などだけではありません。

たとえば足がつってしまう、足が痙攣する、こむらがえり
するなどの症状に合う漢方薬もあるのです。

普通はお薬を飲んで治そうと思わない
ような肩こりや痔に効くものもあります。

また不眠・ストレス・更年期などの
精神的な問題にも漢方が効くことがあります。

もし何かつらいことがあれば、食事や運動・睡眠・
ストレス発散など様々な対処法の中のひとつに
漢方薬を取り入れてみるのもひとつの手なのです。

日常のちょっとしたこと、口内炎やにきびや
むくみなどはほとんどの方が自然治癒力に
頼っておられると思います。

自然治癒力で治すのでしたらその治癒力を高める
漢方薬を飲むと治りが早くなりますし、症状も
和らぎますので、選択肢として漢方を
ご検討いただくのもいいのではないかと思います。

%e3%83%94%e3%83%83%e3%82%bf%e3%83%aa

1件のコメント

  • これはコメントです。
    コメントを削除するには、ログインして投稿編集画面でコメントを表示してください。編集または削除するオプションが用意されています。

コメントを残す